歯周病

HOME > 治療について:歯周病

歯周病

日頃歯を磨かれる際に、歯茎からの出血や腫れが気になることはありませんか?
出血や腫れといった症状が確認される場合、歯周病が進行している可能性があります。
初期の歯周病は自覚症状が非常にわかりにくく、気が付いたときには歯を失う寸前といった場合もあります。
重度の歯周病は治療が困難なため、少しでも違和感がございましたら西本歯科医院までご来院下さい。

歯周病の症状

以下に歯周病の症状で代表的なものを記載しています。
もしご自身で心当たりがございましたら、是非お早めに西本歯科医院へご相談ください。

もしかして歯周病?
口臭が気になる 歯にぐらつきがある
寝起きに口の中がネバネバする 歯茎が腫れたり、膿がでる
歯茎が下がってきた 歯を磨いているときに出血がある
硬いものを噛むと痛い 冷たいものを食べるとしみる
歯の隙間が気になったり、食べ物がつまる

歯周病って何?

歯周病とは歯の周りの骨が溶ける病気のことを差します。
痛みもなく、知らない間にどんどん歯を支える骨を溶かし、歯が揺れ始めるなど症状を自覚した頃にはもう歯を残すことが出来ない状態になっていることもあるおそろしい病気です。溶けてしまった骨は戻ってこないため、早くから歯周病のコントロールすることが大切です。
西本歯科医院では患者様に一本でもご自身の歯を残し、健康的な生活が出来るよう定期メンテナンスや治療のご案内を行っております。

歯周病の進行について



健康な状態
歯と歯茎の間(以後は歯周ポケットと表記)が1〜2mm程度の隙間。
ブラッシングの際に出血することがあれば、歯肉炎と呼ばれる歯周病の初期症状の可能性があります。
骨はまだ溶けだしていません。
歯石の除去や正しいブラッシングで直すことが出来ます。

軽度歯周病
歯肉の炎症が進み、歯周ポケットも3〜4mmと少しずつ広がり歯を支える骨が溶け始めてきます。
歯肉の下にできはじめた歯石を除去することで治療が出来ます。

中度歯周病
歯肉の腫れ、出血し、歯を支えている骨が溶けることで、歯がグラグラし始めます。歯科などで歯周病の専門的な治療を受ける必要があります。

重度歯周病
歯を支えている骨が溶けてしまい、場合により抜歯をしなければならない可能性があります。歯科などで歯周病の専門的な治療を受ける必要があります。


歯周病はじわじわと進行し、歯ぐきの赤みや腫れ、出血、口臭といった症状で自覚したときには、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてしまい、最終的には歯が抜けたり、もしくは抜歯でしか治療できない場合もあります。

歯を失うと、噛む力が弱くなるため、食事を制限しなければいけなくなります。
制限された食生活や、満足に噛むことができず、食事することが嫌になり、栄養状態にも影響がでます。

このため歯周病は、口内の健康だけでなく、生活の質や体全体にまで大きな影響を与えてしまうのです。

前のページに戻る
ページの先頭へ